document.write()でページの描画が遅くなる

| | トラックバック(0)

ページレンダリングを妨げない広告挿入手法に関する覚書

しかしこの方法には問題があって、それはscriptがロードされて実行が完了するまでページのレンダリングが止まる、ということだ。jsファイルを受信するまでにかかる時間と、解釈と実行、document.writeでブラウザに出力する、この間ブラウザはscriptタグを挿入した位置でHTMLをぶった切って表示できる範囲まで表示する、という動作をする。

なるほど~。
確かにdocument.write()だと何が出力されるか分からないので、
処理が終わるまでは後続の部分を処理できないですね。
勉強になります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: document.write()でページの描画が遅くなる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.bz2.jp/bz2mt/mt-tb.cgi/46

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、masatoが2005年7月29日 11:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Javascriptも出力できるコンパイラコンパイラ」です。

次のブログ記事は「JavascriptでWSSE認証ヘッダを生成するライブラリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。