Lynxでアクセスした有罪

津波被害寄付サイトへの不正アクセス、銀行セキュリティ担当者が有罪に

年明けの報道によると、Cuthbertはテキストベースのウェブブラウザ「Lynx」を使用して津波犠牲者に寄付を行ったとされていた。サーバー側から見て、同ブラウザは他のブラウザと異なる動作をするように見えることがある。

マイナーなブラウザでアクセスしただけで有罪。
ってマジですか?勘弁してくれ。
世の中には腐るほどブラウザの種類があるってーのに。

browser archive

Lynxは昔僕も使ってました。
テキストベースのブラウザなので、目の見えない障害者には重宝されてるんだけど、
そういう障害者には Web にアクセスすることすら許されないのでしょうか。

Tsunami 'hacker' is innocent, say readers

It's understood that Cuthbert added ../../../ to the URL, hoping to get access to higher directories in the hope of confirming whether or not the Web site was genuine.

上位ディレクトリにアクセスするなんて誰でもやるだろう。
こんなの不正アクセスでもなんでもない。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Lynxでアクセスした有罪

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.bz2.jp/bz2mt/mt-tb.cgi/84

コメント(3)

Lynxでアクセスしただけ…?

なにゆえに有罪なのかがさっぱりわからない…。

コンピュータ不正使用法(Computer Misuse Act)に引っかかったとありますが…フィッシング詐欺をはじめとするネットトラブルを疑ったエンジニアがする恐れのあることを規制してしまう法律ってことになりますよね。
とすると、英国では、外部から「何かおかしい」と通告するときの情報を収集する行為って、全て不正使用にあたっちゃうんでしょうか…。
怖い話です。(涙)

> オオニシさん
まったくです。
いくらコンピュータにうとくても、これはヒドイ。

> CAMUSさん
そういうことになると思います。
一度前例が出てしまったので、その後の裁判への影響はかなり高いと思います。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、masatoが2005年10月19日 11:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グーグル、サンフランシスコ市の無料Wi-Fiサービス計画に名乗り」です。

次のブログ記事は「Ajaxで友達増殖」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。