procmail

| | トラックバック(0)

僕はメールの振り分けは全てサーバ上の procmail で行っています。
サーバ上で振り分けをすれば、メールクライアントに依存しないので便利です。
メールクライアントの変更が簡単にできます。

以前は ML 毎にレシピを書いてたのだけど、かなり面倒くさいのでちゃんと汎用的に書いてみた。

参考にしたサイト
Procmail の紹介とレシピの書き方

できたのがコレ


# fml
:0
* ^X-ML-Name: \/.*$
.ml.$MATCH/

# mailman
:0
* ^List-Id:.*<\/[^.]*\..*>.*
{
ML=`echo -n $MATCH|sed 's/\..*>.*$//'`
:0
.ml.$ML/
}

# yahoo groups
:0
* ^Mailing-List: list \/.*@yahoogroups.jp
{
ML=`echo -n $MATCH|sed 's/@yahoogroups.jp.*//'`
:0
.ml.$ML/
}

アメリカに行くときに ML はほとんど退会してしまって、今はほとんど入ってないのでこれだけですんじゃった。
あー、すっきり。

X-ML-Name とかは小文字になってるやつがあるので、これじゃ本当はダメだけど、また後で直そう。
でも、procmail の正規表現で大文字小文字を区別しない方法が分からん。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: procmail

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.bz2.jp/bz2mt/mt-tb.cgi/123

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、masatoが2006年3月 1日 12:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「複数パッケージをインストールする場合はライブラリのパスに気をつけるへの返答の返答」です。

次のブログ記事は「Instatnfeed を試してみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。