Ultra SPARC がオープンソースになった!!

| | トラックバック(0)

Sun社,UltraSPARCの仕様をオープンソースで提供開始

米Sun Microsystems Inc.は,米国サンフランシスコ市で開催中のオープンソース関連のイベント「Open Source Business Conference」で,同社のマイクロプロセサ「UltraSPARC T1」に採用したアーキテクチャ「UltraSPARC Processor Architecture 2005」の仕様のオープンソース形式による提供を始めたことを発表した

とうとうハードウェアにオープンソースの波がやってきました。
大変喜ばしいことです!!

昔 SPARC をいじってたこともあり、Sun が Ultra SPARC のソースコードが公開されるのには、
なにやら感慨深いものがあります。

ところで、この UltraSPARC T1(OpenSPARC T1というべきか) って Verilog で記述されてるんですね。
Verilog は大学の実験で FPGA を使ってオリジナルのプロセッサを製作するのに使いました。

マイクロコンピュータ設計教育環境City-1

この実験はかなりよかった。CPU の仕組みとかが分かるようになりました。

これにちょっと関連してなんですが、すすたわりさんが作った「FPGA技術」という同人誌がかなりオススメです。
ぜひ買ってあげてください。
僕は OSC2006 で購入しました。

ハードウェア周りは地味で大変な技術が多くて挫折した口ですが、最低限の知識ぐらいは持ち合わせていたいですね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Ultra SPARC がオープンソースになった!!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.bz2.jp/bz2mt/mt-tb.cgi/130

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、masatoが2006年3月22日 17:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛媛からの新東京人ウェルカムパーティ」です。

次のブログ記事は「Zend extension を extension_dir からロードできるようにしてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。