Mac OS X では xinetd の代わりに launchd を使う

Mac OS X では xinetd の代わりに launchd を使うみたい。
設定ファイルは /System/Library/LaunchDaemons とかいろんな場所にに XML 形式で置いてある。
詳しくは man launchd で。

ローカルで named を動かそうと思っていろいろ調べてわかったのだが、named はデフォルトで起動しているみたいですね。

システム環境設定でデフォルトで参照する dns を 127.0.0.1 に変更する。
mac.local.bz2.jp のゾーンファイルをこんな感じにして、mac.local.bz2.jp のサブドメインなら何でも 127.0.0.1 が返ってくるようにした。

                IN      A               127.0.0.1
                IN      MX      10      @
*              IN      CNAME           @

こうしておくとローカルでいくらでも簡単にバーチャルドメインが切れるようになります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Mac OS X では xinetd の代わりに launchd を使う

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.bz2.jp/bz2mt/mt-tb.cgi/162

コメント(3)

こんにちは。Tigerまではxinetdは稼働していましたが、それもLeopardになってなくなってしまいましたね。私はMac miniを使ってホームサーバーを構築しているのですが、xinetdからlaunchdへの移行のための資料を探しています。この手の情報が少ないみたいで苦労しています。

なにか良い情報ないですかねー。

> なにか良い情報ないですかねー。

といろいろ探していたら、こんな情報を発見。これでいけるかもです。
http://developer.apple.com/macosx/launchd.html

情報ありがとうございますー
僕はマニュアル読んでました

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、masatoが2006年10月 7日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod を買った」です。

次のブログ記事は「Mac OS X に memcached をインストールして launchd で自動起動するようにした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。