php: 2006年1月アーカイブ

昨日のエントリYahoo でカスタマイズされた apache のまとめに引き続き、Yahoo でカスタマイズされている PHP についてのプレゼン資料をまとめてみました。

  • 2002年5月に採用
  • PHP 以前は yScript という独自のプロプリエタリな言語を使ってた
  • PHP が採択された理由
    • ハイパフォーマンス
    • 安定性
    • C/C++のようなコンパイラ言語で拡張できる
    • FreeBSD で動作する
    • i18n
    • 習得が容易
    • コミュニティの規模が大きい
    • HTML にコードが書ける
    • 充実したツール郡
  • オプションなしでコンパイル(./configure --disable-all)
  • 必要な拡張はライブラリを動的にロードする(メモリを節約)
  • 初期設定はセキュアに(register_globals=off など)
  • ユーザからの入力は全てサニタイズ
  • APCのようなシステムを入れてる
  • C/C++で書かれた独自の拡張

apache の時と比べてあまりこったことをしてない印象を受けますが、
独自拡張の部分でいろいろ手を入れているのでしょうね。
独自拡張にどのような機能があるのかは、プレゼン資料にはないので気になるところです。

第8回 PHP 勉強会に参加してきました。

今回はサイボウズのセミナールームでの勉強会。
詳しくはリンク先を参照してください、と逃げる。

僕はPHPの開発環境というお題で発表してきました。
最近導入した svk の調子がすこぶるよいので、その普及活動をしてきました。

勉強会後はいつもの通り宴会へと。
ちょっと食べ過ぎておなかいっぱいになりました。

PHPどうやって開発してる?


ということで(?)、僕の開発環境です。

・VMware PlayerのFedora
・Poderosa(sshターミナル)
・screen
・zsh
・jvim
・subversion
・svk

基本的に Linux マンセーなんだけど、Webアプリ開発者として
Windows IE での動作確認は必須なので、クライアントは Windows。
(Webアプリ開発者になる前はほとんど Linux しか使ってなかった)

ツール類は全て Linux 上のものを使用します。

screen、zsh は必須。必ず最初にこの2つのパッケージをインストールします。
これがないと生きていけない。

Poderosa は VMware Player 上の Fedora に接続するためだけに使用。
他のサーバに ssh する場合も全て Linux 上で。
複数ターミナルは screen で切り替えればよい。

ssh はほぼ例外なく鍵認証で接続。
ssh-agent を起動してるので、パスワードを入力するのは最初の1回のみ。

エディタは jvim。Emacs は使いません(使えません)。

コードは全部 subversion で管理。
最近導入した svk がかなり良い感じです。

リポジトリはサーバ上に置く。
svk でローカルにリポジトリをミラーして、ローカル上にコミット。
適当なタイミングで svk push してサーバ上のリポジトリにコミット。
サーバ上ではコミットのタイミングでフックして自動的に svn update

という風にローカルで作業した内容が自動的に更新されるようになってます。
ftp, scp, rsync のどれも使いません。

このアーカイブについて

このページには、2006年1月以降に書かれたブログ記事のうちphpカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはphp: 2005年9月です。

次のアーカイブはphp: 2006年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。